三宮でセクキャバ好きのお客さんが増えている件

向かい合って手を握り合う男女

三宮でセクキャバが好きなお客さんが増えているらしい。なんでもキャバクラよりも人気が出てきているんだとか。
こちらの三宮のセクキャバも、客足が伸びてきているとのことだ。
値段もリーズナブル、キャンペーン割引なども行っているので、リピーターも増えている。
そんな三宮のセクキャバ事情を少しだけご紹介しよう。

セクキャバで働く女の子は
様々な業種のお客さんを相手にする

スーツ姿の二人の男性

サラリーマンや公務員、自営業の方、はたまたいったい何の仕事をしているのか分からない…という職業不詳の方まで、お客さんの対応も様々。

しかしセクキャバに来るお客さんに共通しているのは、Hな感覚を楽しみたい!という気持ちが大きいのはたしかだろう。キャバクラのようにおとなしくお酒を飲むだけでなく、女の子とHな気分でお酒を飲みたいという欲にまみれた男たちが集う場所、それがセクキャバである。

人気店はお客さんが絶え間ないほど

アフター5を利用して楽しんでいるサラリーマンもいますし、営業の合間に昼間こっそり遊びに行く、なんて不届きものも存在します。
また、比較的若者の団体さんもいて、飲みに行ったあとの2次会、3次会に利用する人も多い。

だが、やはり一番多いのはベテランのお客さんでしょう。三宮のセクキャバにも連日おじさんたちが足しげく通っている。
おじさんたちの容貌はサラリーマン風から、ITビジネスで稼いでいるようなお金持ちっぽい人など様々だ。最近はネット関係のお仕事をしているお客さんが多いという話だ。
セクキャバに来るお客さんは、ボーナスをもらった時に来店したり、そもそもお金を稼いでいる方が多い。三宮のセクキャバのセット料金はオ-ルタイム 6000~7000円くらいが相場だろう。そのためセクキャバで遊んでいる客層はどちらかというとリッチなお客さんが多いのも事実だ。

三宮のセクキャバでも、人気店となれば、お客さんが絶え間なく来店し、女の子もテーブル移動からショータイムなど、かなり忙しく回転している。
人気のセクキャバ嬢ともなれば、待ち時間や接客のかけもちなども覚悟の上で遊びにいくことをオススメします。

マナーの悪いお客さん

頭にネクタイを巻いて缶ビールを持つ酔っぱらい

人気店に限らず、なかにはマナーの悪いお客さんがいることも事実である。
三宮のセクキャバにも、様々なお客さんが来店する。中には金融業や建築関係と言いつつもヤクザまでいかないチンピラ風情がやってくることもないとは言えない。その人たちがすべてマナーが悪いかとい言われればそうではないが、女の子やスタッフに対して横柄な態度を取ったり、泥酔した状態で通常サービス以上を強要する輩もいる。

セクキャバで働くならば、お客さんの職業で差別はできない。IT業界で働くサラリーマンも、広告代理店の敏腕デザイナーにも、ましてや芸能人であっても、すべてのお客さんに平等にセクシーな対応をする必要があるのだ。
地域によって、客層の差などはあるが、お客さんのマナーが悪い店は女の子も困ってしまう。最近は口コミなどでもチェックできるが、女の子もセクキャバに入店前には、その店がどのような感じで客層もどんな雰囲気なのかを確認しておくことが大切だ。
サービス内容についても、下のお触りがOKのお店、上に乗るのが当たり前のお店など、セクキャバによって変わってくるので注意しよう。

万が一マナーの悪いお客さんについてしまった場合、ボーイさんに申し出れば、なにかしらの対応してくれるはず。三宮のセクキャバに勤務するならば、お店サイドが女の子に気を使ってくれる環境を選びましょう。
マナーを守って遊んでくれるお客さんには自然とサービスしてあげたくなるし、客も女の子も気持ちよくその場の空気を楽しめる。同伴に誘えば、のってきてくれるかもしれない。

三宮駅の周辺には美味しい・オシャレな飲食店も多いため、女の子ウケの良いお店を日頃からチェックしておこう!